お肌の大敵!「シミを消す」為のおすすめのスキンケア商品

お肌の大敵「シミ」。肌表面に出てくるまではあまり意識しにくいと思いますが…出てきた瞬間大きな悩みに変わります。

出来てしまったシミを消す化粧水はどれなんだ?と思い探してみましたが…

シミによって効果のあるものとないものがあるみたいですね。

ここでは一般的な紫外線によるシミを消す効果が期待できる化粧水を検証してみました。

 

 

シミが出来るメカニズムについて知っておきましょう!

シミが出来るメカニズムについて知っておきましょう!

シミが出来るメカニズムを知っていると、何がどう効果があるのかというのが分かるようになります。

簡単にシミの出来るメカニズムを説明しましょう。

まず、紫外線を浴びると、メラニンが生成されます。
肌を紫外線から守るためですね。

メラニンは黒く、肌表面を多い、紫外線から体を守ってくれます。
夏に太陽にあたると日焼けをするのはメラニンが表面に出てきているからですね!

そのメラニンを作る過程でチロシノーゼという活性酸素がメラニンを作る手助けをします。

 

メラニンの仕組み

メラニンの生成を抑える

シミを消したければまずは作らない!という事で、このチロシナーゼを阻害するのが1つのやり方です。

また、メラニンは役目を終えると、新しい皮膚に生まれ変わる瞬間に、剥がれ落ちる仕組みになっています。

ですが、ターンオーバーが正常でないと、メラニンが肌にのこってしまい、シミになってしまうんです。

チロシナーゼの阻害の他にこのターンオーバーを正常にさせることも重要になってきます。

 

シミを消すための有効成分とは

シミを消すための有効成分とは

上記でシミの出来るメカニズムとともに、シミを消すためにはどのポイントで何に働きかけるのが有効かというお話をさせていただきました。

シミを消す為には、

  1. メラニン生成を手助けするチロシナーゼを阻害する
  2. ターンオーバーを活性化させる

以上2点がシミを消す為のポイントです。

多くのシミを消すと言われている化粧水にはこのチロシナーゼを阻害する美白成分が含まれています。

 

美白成分とは

美白成分とは

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • アルブチン
  • ルシノール

などが有名な美白成分としてあげられます。

また、ターンオーバーを正常に戻す為に必要な成分としては、D-メラノTM です。

これらの美白成分には厚生労働省が認可しているものや、医薬品、医薬部外品などがあります。

厚生労働省認可していたり、医薬品だから効果があるという保証にはなりませんが、一定の基準をクリアしていることになりますので、一つの基準として持っておきましょう。

 

シミを消す化粧水とは!?

シミを消す化粧水とは!?

シミを消す為の知識もついてきたことですし、早速シミを消す化粧水を選んでいきましょう!

シミに関しては、美白成分配合のモノを使い続ける事が効果をあげる為には大事になってきます。

また、自分に合った化粧水などもあると思いますので、ご自身で試され、自分に合ったものを見つけて行くのが一番いい方法だと思いますが、指標は合ったほうがいいと思うので、口コミで人気であったり、個人的にシミを消す効果が高いと思われる化粧品をご紹介しておきます。

化粧水はもちろんですが、シミを消すためにはクリームが決めてとなってくる商品も多くあります。
なので、化粧水だけではなく、スキンケア商品としてのご紹介とさせて頂きます。

 

ラグジュアリーホワイト トライアルキット乾燥肌の方にオススメ!

価格 1,890円(税込)
内容量と目安 7日間トライアルセット
編集部コメント こちらもハイドロキノンや、ビタミンC誘導体、アルブチンなど、厚生労働省で認められた成分が配合された美白化粧品です。

 

 

おわりに

シミを消す為の美白化粧水は様々なものが出ています。

シミによって対処方法が違う事もお話しましたが、出来たシミ対策なのか、これから出来るシミ予防を中心にやっていきたいのかで、選ぶ化粧水は変わってきます。

ご自分のシミをしっかり理解してより有効的な美白化粧水を使うようにしましょう。

ご自分のシミをしっかり理解してより有効的な美白化粧水を使うようにしましょう。

シミに効くおすすめ医薬品ランキング


PAGE TOP