顔のシミを消す方法・・・対策する前に4つのシミの種類を知ることが大切です。

顔のシミを消す方法・・・対策する前に4つのシミの種類を知ることが大切です。

>顔のシミを消す方法!紫外線対策をしていたり、自分はシミ知らずだと思っていても…
急にシミが出てきたり、歳を重ねる事にだんだん濃くなっていく顔のシミ。。。

このシミに悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

顔のシミを消す為にはどうすれば良いのでしょうか??

 

 

自分自身のシミの種類を知る!シミの4種類

自分自身のシミの種類を知る!シミの4種類

顔のシミには様々な種類があり、そのシミの種類によって、消す方法も少しづつ変わってきたりします。

まず最初に自分自身の4つのシミの種類を知ることから始めましょう!

シミ① 老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
シミの中でもっとも多いとされる紫外線が原因のシミです。

目の下辺りから頬骨辺りにかけてよく出来るシミで、数ミリ~1cm大程のマルイ色素斑が老人性色素斑にあたります。
最初は薄いのですが、だんだん濃くなっていくのが特徴的。
初期段階であれば、美白化粧品などでこのシミを消すことが出来ます。

濃いシミになってくると、レーザーで除去する方法もあります。

老人性色素斑を作らない為の対策としては、ターンオーバーの活性化が有効です。

シミ② 肝斑(かんぱん)
頬骨から鼻の下辺りにできるシミで左右対称なのが特徴的。

30~40代の女性に多く見られ、閉経とともに消える事が多く、女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。

老人性色素斑とよく似ており、間違えられる事も多いですが、肝斑の場合は、レーザーでは除去が難しいです。
美白化粧品よりも「トラネキサム酸」入の内服薬が有効とされています。

シミ③ 雀卵斑(じゃくらんはん)
雀卵斑と聞くと、あまり慣れない言葉に感じますが、一般的にソバカスと呼ばれています。

目の下鼻の上などによく見られます。

このソバカスは遺伝的なもので、小学生などの10代の頃によく見られます。
色白の人によく見られるのが特徴的なシミですね。

美白化粧品で多少は薄くすることが可能です。
成長とともに消えたりもしますが、美白化粧品で多少は薄くすることが可能です。

完全に消すためにはレーザーでの除去が必要ですが、遺伝的な要素を含むため、再発の可能性があります。

シミ④ 炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
ニキビや肌荒れが治った後に一時的に出来るシミです。

肌が炎症をおこす事でできてしまうシミなので、時間が経つと自然と消えるのですが、このシミは傷跡と違い消えるまでに少し時間がかかってしまいます。

シミが消えるまでに数年かかる場合もありますので、気になる場合はピーリングをされると肌はキレイになります。

 

 

シミを作らないための予防法

シミを作らないための予防法
レーザー除去やピーリングで消えるシミもありますが、ここでは一般的な顔のシミとされている老人性色素斑の消し方、美白化粧品の選び方、またシミを作らないための予防法等をご紹介したいと思います。

もう出来てしまった顔のシミを消すのに一番有効な成分とされているのはハイドロキノンです。

ハイドロキノンとは?
ハイドロキノンはシミの原因であるメラニン色素を生成する”チロシナーゼ”の働きを抑制し、シミの原因を元から作らせなくさせる作用を持っています。

漂白剤の役割だと思っていただくとわかりやすいかと思います。

 

ハイドロキノンは美白化粧品を選ぼう

ハイドロキノンは美白化粧品を選ぼう

ハイドロキノンは以前までは皮膚科などで処方してもらわないと手に入りませんでしたが、薬事法の改正により美白化粧品にも配合されるようになり、誰でも手軽に使えるようになりました。

シミが気になる方はハイドロキノンが配合されている化粧品に変えてみましょう。

 

 

潜伏しているシミを気をつけよう!

潜伏しているシミを気をつけよう!

シミは表面に出ているものだけではなく、潜伏しているシミもあります。

そして、歳を重ねるとターンオーバーが正常に働かなくなり、シミもできやすくなりますので、ターンオーバーの活性化に努め、シミができにくい環境を作ることもとても大切です。

そのためには、日頃からメラニンの沈着を抑えるビタミンCや、エイジングケアができると有名なビタミンEなどを積極的に摂取するようにしましょう。

ビタミンCは柑橘類に多くビタミンEはナッツ類に多く含まれます。
アスタキサンチンは、エイジングケアにもってこいです。

最近、テレビなどでもよく耳にするようになったアスタキサンチンという成分は、紫外線に強く、細胞を活性酸素から守ってくれる抗酸化物質ですので、エイジングケアにもってこいです。

アスタキサンチンは鮭やカニに含まれていますので、積極的に食べるようにするといいかもしれません。
他にも抗酸化作用の高い食べ物を中心に食事をするよう心がけ、ターンオーバーを促しましょう!

 

 

おわりに

中から栄養を与え、ターンオーバーを正常に保ちながら、ハイドロキノン配合の美白化粧品で外からもシミのケアをしていきましょう。

内側と外側からアプローチする顔のシミを消す方法を使って、綺麗な肌を目指していきましょう。

内側と外側からアプローチする顔のシミを消す方法を使って、綺麗な肌を目指していきましょう。

シミに効くおすすめ医薬品ランキング

おすすめのシミを消す医薬品

  1. テレビCMでも話題の、飲んでシミに効く医薬品「キミエホワイトプラス」第三類医薬品なので、普通のサ…
  2. 小ジワも消せる!?話題のロスミンローヤルを実際に試してみた口コミと効果
    年々増えてくるシミと小ジワ・・・気付いた時にはもういいおばさん。顔というのは年が一番出やすく…

ピックアップ記事

  1. アンチエイジングに効果抜群!l-システインを含んだ食べ物を紹介しちゃいます
    l-システインはアミノ酸の一種でメラニンの生成を抑え、シミが作られるのを抑制してくれる働きがあります…
  2. 夏★防げ紫外線!シミを作らせない化粧品の選び方
    美白化粧品を使ってもシミに効果がないと感じた事ありませんか??シミ対策をする上で、化粧品選びはと…
  3. シミに効くサプリメント3つをご紹介!内側からのアプローチが大切です。
    年齢を重ねる事に見かけるようになるシミ。歳だからしょうがないと思う反面、どうにかしたいと思います…

おすすめ記事

  1. そばかすを消す!自分で簡単に出来る5つの方法とは?
    そばかすを今すぐ消そうと思うと思い浮かぶのは、レーザー治療や、光治療といった皮膚科での治療。…
  2. アンチエイジングに効果抜群!l-システインを含んだ食べ物を紹介しちゃいます
    l-システインはアミノ酸の一種でメラニンの生成を抑え、シミが作られるのを抑制してくれる働きがあります…
  3. そばかすが可愛い♪♪そばかすがチャームポイントの芸能人9人
    芸能人の方でそばかすがチャームポイントになっている方ってとっても多いですよね♡今回は、そばかすが…

最新の記事

  1. シミ・そばかすに効く?フレキュレルを実際に試してみた!口コミと効果
    お肌のシミやそばかす・・・悩まされてる女性も多いのでは?そばかすやシミの原因になるメラニンの生成…
  2. ベビーアイテムいっぱい♪赤ちゃんの紫外線対策5の方法と4のアイテム
    赤ちゃんのお肌はとっても薄くてデリケート。紫外線のダメージも受けやすいので、しっかりと紫外線対策…
  3. 夏の紫外線対策にはUVカット加工の帽子が欠かせません♡手軽に紫外線対策ができて何気に高い紫外線カ…
  4. ピュアメイジングを実際に1ヵ月試してみた!口コミと効果レビュー
    女性はいくつになっても「肌」のことって気になりますよね。女性は平均で4.3個の肌の悩みを持ってい…
  5. 顔の紫外線対策はこれでバッチリ!おすすめ4つの対策方法
    日差しが強くなると紫外線のダメージが気になる方も多いかと思います。特にお顔にシミやシワができてし…

アーカイブ


PAGE TOP